読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東村山1丁目 diary

渋谷のIT企業から波佐見焼の会社へ転職!Webディレクション・デザイン・ECなど仕事の話から、食事や映画の感想まで。

木曜日は翻訳の日 ~Ignitionより~

ignition.co

The Story of ”minne” : How a Latecomer Rocketed to the Top of the e-Retail Market for Handmade Goods

「minne」の物語:後発(のサービス)がどのようにハンドメイドグッズの電子小売市場のトップに躍り出たか

“Analog warms” is the secret of mine’s success, says founder Masayuki Abe

「手作りのぬくもり」がminneの成功の秘訣だと発起人のAbe氏は語った。

In Japan today, the market for handmade items, knitting, and other hobby crafts is booming.
昨今日本では、ハンドメイドアイテムやニット、その他のホビークラフト市場が好況だ。

Total market volume has been estimated at 69.8 billion yen, and in recent years all eyes have turned to the online “consumer-to-consumer” (CtoC) market – an e-commerce marketplace that lets makers and buyers arrange direct purchases with each other.

市場規模合計は69.8兆円と推定されており、近年ではオンラインでのCtoC(カスタマーtoカスタマー、消費者間取引)市場に注目が集まっている - その市場とは、制作者と購入者が互いに直接購入することを可能にする電子商取引市場のことである。

A number of Japanese CtoC sites first took off around 2010, and that frenetic growth continues today, helping to raise the profile of “one-of-a-kind” homemade pieces and empowering consumers who want to buy order-made items custom designed for their tastes.

多くの日本のCtoCサイトは2010年あたりにスタートし、その成長はは今日まで熱を持って続いている。ホームメイド作品の「(世界で)たった一つ」であるという特徴を高めながら、また、自分好みにデザインされたオーダーメイド商品が欲しいと望んでいる購買者に力を与えながら。

Operated by GMO Pepabo, minne is a CtoC site launched in 2012. Currently, the site sits at the top of the highly competitive e-market for Japanese handmades, with 140,000 registered product makers and 1,540,000 registered items as of August 20. Specializing in accessories, the site sells everything from clothing to furniture, alongside fabric and an endless array of other items.

GMOペパボの運営のもと、CtoCサイトであるminneは2012年に発足した。

現在、そのサイトは日本のハンドメイド電子市場で最も競争力のあるサイトであり、8月20日時点で、作家登録者は12万人、作品数は154万点にのぼる。

アクセサリーに強みを持ちながらも、そのサイトは衣服から家具まで何でも販売しており、布やその他のアイテムがずらりと並んでいる。


minne’s users are mostly students and homemakers, aged between their twenties and forties.

minneの利用者のほとんどは20代から40代の学生と主婦である。

Around ninety percent of users are women, many of whom create their products during breaks between housework and childrearing responsibilities.

利用者の90%は女性で、その多くは家事や育児の合間に作品を作っている。

From this group, a few “star” artists have already emerged who are earning over a million yen a month through the site.

このグループからすでにスター作家が生まれており、彼女たちはサイトを通じて月に100万円以上稼いでいる。

But how has minne, a relative latecomer to the handmade game, been able to tap so deeply into Japan’s hidden demand for craft products, and how did it leap to the top of the market so quickly? How did the company come into being, and what kind of future is it building?

しかし、比較的遅くにハンドメイド市場に参戦したminneは、どのように日本の潜在的な手工芸品への需要を開拓することに成功し、こんなにも短期間で市場のトップに躍り出たのか?

We talked to site founder Masayuki Abe – known online as “Xavier of minne” after Francis Xavier, a Jesuit missionary who helped spread Christianity throughout Japan – to learn how minne’s influence spread so quickly.

我々はサイトの発起人であるMasayuki Abe氏に、どうやってこのように素早くminneの影響力を広げたのか尋ねた。(Abe氏は、日本でキリスト教を広めた宣教師であるフランシスコ・ザビエルにならい「minneのザビエル」としてインターネット上で知られている)

A simple service, designed for people who live in the analog world

アナログ世界の住人たちに向けたシンプルなサービス

Abe-san works for GMO Pepabo, a company that, since its founding, has striven to develop services that “help support creative people.”

AbeさんはGMOペパボで働いている。この会社は創業時から「モノ作りをする人たちの手助けをする」サービス開発を目指してきた。

In 2011, the company circulated an internal memo soliciting ideas for new service projects.

2011年、ペパボは新しいサービス企画のためのアイディアを要請する社内メモを配布した。

Abe-san had loved going to flea markets and craft fairs for as long he could remember, so he took the memo as an opportunity to propose the minne concept.

Abeさんは蚤の市やクラフト市に行くのがとても好きだったので(覚えている限り)、minneのコンセプトを提案する機会としてメモを取った。

“I took something I loved and combined it with something I thought people were looking for – that was how the project got started,” he says.

「私は自分の好きな物と人々が求めているであろうものとを結びつけました 。それがプロジェクトがスタートした経緯です」と彼は言った。

“There’s a lot you can’t find out just by doing a web search for handmade artists or their work, so I thought if there were a specialized site for handmades, it might do a better job of satisfying people’s curiosity.

「Web検索だけでは探すことのできないハンドメイド作家や作品がたくさんあります。ですから私はハンドメイドに特化したサイトがあれば、人々の好奇心を満足させられるのではないかと考えました。」

More than anything, I just wanted to provide support that would help my favorite artists get noticed.”

「何よりも、私は私の好きな作家さん達が世間に知られるようになる手助けをしたかったのです。」

Until recently, the main distribution channel for handmades had been the “craft towns” operated in different regions around Japan.

最近まで、ハンドメイドの主な流通ルートは日本の様々な地域で運営される「クラフトタウン」だった。

But obviously, that method can only share charming new products with people who actually live in those areas.

しかし明らかに、その方法では、その地域に実際に住んでいる人しかかわいい新商品をシェアできない。

By using the web to distribute handmade goods, Abe-san believed he could build a community where far more people would see them, and where more people would be inspired to buy and sell more things.

ハンドメイドグッズを流通させるために、Abeさんは、webを使ってもっとたくさんの人が商品を見たり売り買いできるコミュニティを作ることができると信じていた。


By 2012, there were already twenty or thirty sites competing in the handmade market.

2012年までに、ハンドメイド市場にはすでに20~30のサイトがひしめいていた。

How were consumers supposed to distinguish between them, and how could Abe-san make his own site stand out?

消費者はどのようにそれらのサイトを選別し、Abeさんは彼のサイトを際立たせることができたのだろうか。

He decided he would create a simple service where anyone could register anything they’d made.

彼は、誰もが自分が作ったものなら何でも登録できるシンプルなサービスを作ろうと決めていた。

“With an online shop, it’s important to get people talking about you – to have a crowd – so the first thing I did was try to increase the number of products we had.

「オンラインショップに関して言うと、観衆を集めるために、人々にあなたについて語ってもらうことが重要です。そこで私が最初にやったことは、商品数を増やすことでした。」

Obviously, the best way to increase the number of products is to get as many people posting items on your site as possible.

「言うまでもなく、商品数を増やすのに一番いい方法は、できるだけ多くの人にあなたのサイトの商品を投稿してもらうことです。」(※訳者メモ この辺のget~ingの使い方がよくわからない)

But when I looked at the handmade sites that were active back then, it seemed like their interfaces were all very complicated.

「しかし当時のハンドメイドサイトのインターフェースは、すべてとても複雑だったように見受けられました。」

A lot of handmade artists don’t use the internet regularly, so I decided minne should have a simple interface that would make it easy for that kind of artist to register and start selling.”

「多くのハンドメイド作家さんは、定期的にインターネットを使う訳ではないので、minneはそのような作家さんが登録したり販売を始めるのに簡単なインターフェースにすべきだと決めました。」

“But I also worried that I might not get any response, even with a down-to-earth interface designed for people who spend most of their time in the analog world,” Abe-san says.

「しかしながら、心配もしていました。そのように気取らないインターフェースにも関わらず、アナログ世界に多くの時間を費やしている人々からは何の反応も得られないのではないかと。」Abeさんは言った。

To lower the hurdle even more for his users, Abe-san set up a system that allowed them to register as many items as they wanted free of charge, and that only charged a service fee when items were actually sold.

さらにユーザーの障壁を下げるために、Abeさんは無料で商品を登録できるようにし、商品がうれたときにのみ手数料を請求することに決めた。

He set the service fee at 10%, the lowest industry standard.

彼は手数料を業界最低水準の10%に設定した。

In addition, he set up a number of support functions to help drive sales, including a feature that posted exceptional items to the site’s front page and e-mail newsletter.

加えて、彼は売上を加速させるために多数のサポート機能をつけた、例えば優れた商品をサイトのフロントページやメルマガに掲載するなど。

A lover of handmades himself, Abe-san has even experimented with giving direct advice to artists, sharing his impressions and recommending that they use a certain fabric or a certain color.

彼自身ハンドメイド愛好家であるAbeさんは、作家に直接アドバイスをしたり、彼の感想を共有したり、生地や色をおすすめする試みすら行っていた。

You might say he’s taken an “analog” approach to selling analog items – one that values face-to-face interaction between real people.

彼はアナログの商品を売るためにアナログ的な手段を取ったのだとあなたは言うかもしれない - 彼は生身の人間同士が対面で交流することに価値を置いているのだと。

(※訳者メモ この辺りに出てくる代名詞oneの使い方がよくわからない)

Through communication with artists and the regular sales events minne offers, Abe-san says he wants his users to feel like there’s a real person behind minne, one who values their work as highly as he values his own.

作家とのコミュニケーションや定期的なminneのセールスイベントを通して、ユーザーに、minneの背後にリアルな人間がいるように感じて彼らの手仕事を高く評価してもらいたい - 自分が彼らをそう思っているように、とAbeさんは語った。

(力つきたので以下省略します)

はー、いっちょめいっちょめ。