読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東村山1丁目 diary

渋谷のIT企業から波佐見焼の会社へ転職!Webディレクション・デザイン・ECなど仕事の話から、食事や映画の感想まで。

木曜日は翻訳の日 ビリー・ジョエル『My Life』

"My Life"

Got a call from an old friend
古い友人から電話があった
We used to be real close
わたしたちはとても親しい仲だった
Said he couldn't go on the American way
彼はアメリカのやり方についていけないと言った
Closed the shop, sold the house
店を閉じ、家を売り、
Bought a ticket to the West Coast
西海岸行きのチケットを買い、
Now he gives them a stand-up routine in L.A.
(ここは訳せなかった…「今やロサンゼルスでパフォーマーっぽいことやってる」???)

I don't need you to worry for me cause I'm alright
僕のことは心配しないでくれ 大丈夫だから
I don't want you to tell me it's time to come home
家に帰れなんて言わないでほしい
I don't care what you say anymore, this is my life
君の言うことはもう気にしない 僕の人生だから
Go ahead with your own life and leave me alone
君は君の人生を歩いてくれ 僕のことはほうっておいて

I never said you had to offer me a second chance
僕は君に二回目のチャンスをくれなんて言った覚えはないよ
I never said I was a victim of circumstance
僕は自分が環境の犠牲になったとも言ってない
I still belong,
(訳せなかった)
don't get me wrong
勘違いしないで
And you can speak your mind
君は君の心を説明できる
But not on my time
(ここもちょっとわからない。「でも僕のことについては無理だよ」?)
They will tell you you can't sleep alone in a strange place
彼らは君に言うだろう 見知らぬ土地で一人で眠るなんてできないと
Then they'll tell you you can't sleep with somebody else
他の誰かと一緒に眠ることはできないと
Ah, but sooner or later you sleep in your own space
ああ、だけど遅かれ早かれ 君は自分の場所で眠るだろう
Either way it's okay you wake up with yourself
どちらにしろ大丈夫 君は自分の力で起き上がるだろう

※間違ってたらすいません┏○

はー、いっちょめいっちょめ。