読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東村山1丁目 diary

渋谷のIT企業から波佐見焼の会社へ転職!Webディレクション・デザイン・ECなど仕事の話から、食事や映画の感想まで。

車の運転初心者に伝えたい私の恐怖体験。

長らくペーパードハイバーだった私ですが、今月から車を運転してます。
すでに接触すれすれのやばい体験をしました。
教訓として書き残します。

教訓1. 迷うことなくETCをつけよう!

四車線の一番左に一般ゲート、のこり3つがETC専用の高速道路入口に遭遇しました。
私は一番右の道路から合流してきたため、一番左まで車線変更しないといけないわけですが、混雑時にETC専用道を3つも横切るとかまじで無理です。
悩む暇もなく後ろから車がきたので仕方なく左にウィンカーを出して車体を左へ寄せたものの、隣の車は止まる気配がなくそのまま接触しそうになりました。
初心者は絶対にETCをつけろ!!!
こんなところでお金を惜しんじゃいけない。
命の方が大事だ。。

教訓2. ハンドルを切りすぎるな!

ハンドルを切りすぎると、ハンドルがロックします。
知ってました?
私は知りませんでした。
道の端っこに数分路駐した後、おもむろに発車して車道に出たところ…
ん!?なんか、ハンドル回らないんですけど。。!?
右にも左にもハンドルが回らない!!
仕方なく車から降りて電話をしようとしていたら、通りすがりの地元のお兄さんが助けてくれました。
神かよ。。。
お兄さんが知り合いの整備士を呼んでくれている間、車道の障害物となった私の車をみんなが不審そうな顔でそろそろとよけていきました。
私はそれをなんとも情けない気持ちで眺めていました。
ロックされるタイミング次第では事故ってたよね…。
ハンドルは、整備士さんがエンジンをかけながら左右にぐりぐり動かすと直りました。
ありがとうお兄さんと整備士さん…。
私も人に優しく生きていこう…。

3.車線変更は慎重に!
高速道路でのこと。
高速道路は二車線の場合左が走行車線、右側が追い越し車線です。
自分は右側車線を走っていて、しばらくして左車線に戻ろうとしました。
バックミラーで後ろの車をチェックし、車がいなかったので左に寄せたところ、なんと左真横に車がいたのです!!
左から私を抜こうとしていた車がいたのです。
バックミラーしか見ていなかった私はその事に気づかず、危うく接触事故。
高速で左から抜かれるとはまったくの想定外だった!!
車線変更は慎重に…。


ふう。

はー、いっちょめいっちょめ。